CONCEPT

BWVは、良質なオーディオ機器をプロフェッショナル分野、及びコンシューマー分野に提供するためのブランドです。

BWVの理想はサウンドシステムがその存在を主張しないことです。

例えば、コンサートでピアノをスピーカーシステムから拡声した時にスピーカーシステムの音ではなく、ピアノの音として聴衆に認識してもらいたいのです。

当然そこには、様々な要素が複雑に絡み合います。

ピアニスト自身、ピアノ本体、マイクロフォン、ケーブル、音響空間、サウンドエンジニア、コンソール、パワーアンプ、スピーカーシステム等々。

全てが渾然一体化したときに聴衆はスピーカーシステムからの音をピアノの直接音を聴いているように錯覚します。

「拡声されていない感じがする拡声」それが私たちのイメージする最良のサウンドシステムです。

その音を出すために私たちは「正確で曇りのない音」を機器造りの基本概念としています。

BWVの機器は、この正確で曇りのない音を再生するための変換器だと考えています。

その概念はプロフェッショナル用機器でも、コンシューマー用機器でも変わりありません。

全てのお客様がサウンドシステムの存在を忘れ音楽や映画に没頭する。

そのための正確な変換器を提供することが私たちの務めだと考えています。

拡声されていない感じがする拡声
正確で曇りのない音

PRODUCT

NEWS

2024年6月6日

「フィリップ・パレーノ:この場所、あの空」展覧会開催

2024年4月26日

「BWVを聴く」イベント開催

2024年4月24日

高橋幸宏 一夜限りのライブ『YUKIHIRO TAKAHASHI LIVE2018 SARAVHA SARAVHA!』ご好評につき再上映決定

2024年4月3日

109シネマズプレミアム新宿 シアター音響監修を務めた坂本龍一氏関連作上映イベント『Ryuichi Sakamoto Premium Collection』

2024年1月16日

エンジニアの飯尾芳史が『YUKIHIRO TAKAHASHI LIVE2018 SARAVHA SARAVHA!』の音響監修

2024年1月12日

ポール・トーマス・アンダーソン、トム・ヨーク、レディオヘッドのコラボ作品上映も『ザ・スマイル新作アムバム試聴イベント』開催